ミャンマーのタバコ事情について!電子タバコの持ち込みは可能?

ニャウンシュエ入口前

海外旅行に行こう!と決めたは良いものの、電子タバコユーザーの場合、とても気になることがありますよね。

それが「旅行先の国が電子タバコの持ち込みを可能としているかどうか?」です。

国によっては、アイコスやプルーム・テック、マイブルーなどのベイプも含め、電子タバコの持ち込みを法律で禁止している場合があります。

有名なところでいうと、タイや香港、台湾などがそれに当たります。

サガインヒルとエーヤワディー川

今回は、2019年のゴールデンウィークで訪れたミャンマーのタバコ事情について、紹介していければと思います。

私自身、電子タバコユーザーです。

ミャンマーの電子タバコ持ち込みについても紹介します。

是非最後までご覧くださいませ。



ミャンマーは電子タバコ持ち込み可能?

成田空港 マイブルー

ミャンマーへは、成田空港からタイのバンコクにあるスワンナプーム国際空港を経由し、ヤンゴン国際空港から入国しました。

今回の電子タバコ持ち込みは、写真の通りプルーム・テックとマイブルーとなります。

ヤンゴン国際空港 外

で、こちらがヤンゴン国際空港なのですが、無事にプルーム・テックとマイブルーをミャンマー国内に持ち込めました。

というのもそのはずで、ミャンマーでは2019年現在、電子タバコが禁止されていません。

というよりも、ミャンマーではヤンゴン→バガン→マンダレー→インレー湖などのあるニャウンシュエとグルっと周遊してきましたが、電子タバコを吸っているミャンマー人には遭遇しませんでした。

プルーム・テックやアイコス、マイブルーなどを見ても、それを吸っているところを見ない限り、それらが電子タバコであると、多分現地の人も気がつかないのではないでしょうか。

兎にも角にも、電子タバコユーザー自身少ないミャンマーですが、現地への持ち込みや吸うこと自体は禁止されていませんので、ご安心くださいませ。

タイ乗り継ぎで電子タバコ持ち込みは大丈夫なの?

スワンナプーム国際空港 乗り継ぎ案内板

先ほども紹介しました通り、タイは電子タバコ持ち込みNGとなります。

タイに入国しなくとも、タイを乗り継ぎする場合、電子タバコの扱いはどうなるの?と不安に思う人も多いのではないでしょうか?

実は私も、かつてはタイトランジットでも電子タバコ持ち込みはダメなのでは?と不安に思っていた一人でした。

ただ、安心してください。

当たり前と言えば当たり前ですが、タイに入国さえしなければ、アイコスやプルーム・テック自体をタイの空港に持ち込むのは問題ありません。

ただ、これは電子タバコ禁止国に限らずですが、海外旅行で電子タバコを持ち込む場合は、必ず手荷物として持ち込むようにしましょう。

モバイルバッテリーなどと同様の扱いになると思っていただければ、イメージつきやすいかなと思います。

間違っても、電子タバコ本体を預け荷物に入れないようにしましょう。



ミャンマーのタバコ事情

カックー遺跡 メインストリート

ミャンマーでは、実は私たちの知るタバコはそんなに見かけません。

電子タバコは勿論、通常の紙巻きタバコすら吸っている人を滅多に見ませんでした。

ただ、タバコに変わる嗜好品がミャンマーでは普及しています。

それがキンマ。

初めて聞く人も多いと思いますが、噛みタバコのようなものもの(正確には噛みタバコではない)になります。

最大の特徴は、噛んでいると唾液が溢れるようでキンマを噛んでいる人は唾を吐くのですが、その唾が赤いんです。

インレー湖やカックー遺跡のあるニャウンシュエで、近くのヘホ空港まで送ってもらったタクシーの兄ちゃんなんかは、私がタクシーに乗っているにも関わらず「ちょっと待ってね」と言ってタクシーを降り、お店でキンマを買って噛みながら運転してました。

当然唾液も出るので、それは運転しながら窓を開けて外に吐くわけです。

ミャンマーは、喫煙人口は見た感じ少なかったですが、キンマ人口はかなりいます。

血の唾液が町中の至る所にありますが、決してご病気で吐血しているわけではありません。

また、汚いなぁと思っても、そういう文化なんだなぁと思ってそっとしておきましょう。

サガインヒル駐車場

タバコ人口が少ないので、町中には喫煙所なんてものはありません。

ただ、ミャンマーは特に路上喫煙が禁止されているわけではありませんので、携帯灰皿などを持参し人の迷惑にならないよう屋外であればタバコを吸っていても問題ありません。

ホテルやレストランなどの屋内は、基本的に禁煙のところが多かったです。

ミャンマーでも日本国内でも、喫煙の際は周りの人の迷惑にならないよう注意しながら吸いましょう^^

その他の国の電子タバコ事情は?

今回は、ミャンマーでの電子タバコ持ち込みやタバコ事情について紹介しましたが、その他の国々の持ち込み可否については別の記事で紹介しています。

海外電子タバコ事情!あの国はアイコス・プルームテック持ち込み禁止?

私自身の実体験を元に紹介させていただいています。

ご興味ありましたら、是非そちらもご覧くださいませ!!

また、まだ日本ではポピュラーではありませんが、私はマイブルーというタール・ニコチンゼロの電子タバコユーザーです(ミャンマーへの電子タバコ持ち込み実証のため、プルーム・テックをミャンマーに持ち込んだ次第です)。

2019ニコチンなしmyblu・マイブルー禁煙!3ヶ月目までの様子

今ではすっかりマイブルーで禁煙できています。

もしご興味ありましたら、そちらも是非ご覧くださいませ。