ヤンゴンの中心スーレーパゴダの入場料や営業時間など!夜の様子も

スーレーパゴダ内部

ヤンゴンを代表するパゴダと言えばスーレーパゴダとシュエダゴンパゴダ 。

今回は、2019年のゴールデンウィークで訪れたミャンマーからヤンゴンのスーレーパゴダに訪れた際の模様を紹介します。

ミャンマーやヤンゴン観光を計画されているようでしたら、参考にしてもらえると嬉しいです。

それでは、最後までお付き合いください。

営業時間や入場料など、スーレーパゴダ基本情報

スーレーパゴダ

ヤンゴンの中心地に鎮座するスーレーパゴダ。

高さは約50メートルほどあり、2500年以上前に作られたとされるパゴダになります。

スーレーパゴダの英語表記は「Sule Pagoda」。

営業時間は朝6時から夜8時までとなります。

スーレーパゴダ 入場料

入口を入るとこのようなブースがあります。

読んでもらっての通りなのですが、外国人の入場料は現地通貨チャットで4,000チャット(日本円で300円くらい)、もしくは3ドルとなります。

その場で支払うと支払い完了を証明するシールを見えるところに貼られます。

スーレーパゴダ内部

スーレーパゴダ内部

スーレーパゴダの入場ゲートを入るとこんな感じです。

なかなかに綺麗ではないですか?

ただ、注意点が一つ。

これはスーレーパゴダだけではないですが、ミャンマーのパゴダは全て裸足でないと入れません。

屋外であり決して綺麗ではありません。

ウェットティッシュを持参するなどして、足を拭けるようにしておきましょう。

上記は、スーレーパゴダ内部を一周した早送り動画です。

内部の様子を少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

夜のスーレーパゴダ

夜のスーレーパゴダ

夜のスーレーパゴダがこちら。

見ての通りですが、ガンガンにライトアップされており綺麗でした。

私は日中入ったので夜は入ることはしませんでしたが、入っても綺麗だったと思います。

夜のヤンゴン

ミャンマー最大の都市だけあって、ヤンゴンは夜になっても交通量はかなり多いです。

ではあるのですが、街灯は少なく完全に真っ暗だったりする道も多いんですよね。

治安の悪さは感じませんでしたが、もしホテルからスーレーパゴダのライトアップを見に行く際は十分に注意しましょう(ヤンゴンは流しのタクシーも多いので、ホテルから距離があれば速攻タクシーを使った方が賢いかもしれません)。

スーレーパゴダ以外のヤンゴン観光地について

ヤンゴン 聖マリア大聖堂

おすすめヤンゴン観光スポット9選とヤンゴン観光日数について

ヤンゴンには、他にも数多くの観光地があります!!

ヤンゴンにせっかく来たからには、ここで紹介しましたスーレーパゴダやミャンマーの象徴と言っても過言ではないシュエダゴンパゴダだけで観光を終わらせるのも勿体無いです。

上記記事で、実際に私が訪れたヤンゴン観光地を紹介しています。

よろしければ、そちらも是非ご覧くださいませ^^

最後に:格安航空券でお得にミャンマー観光!

ヤンゴン 空港国内線

ミャンマー観光を充実させるため、往復航空券は少しでもお得なものにしたいですよね!!

スカイスキャナー

実際に私が日本〜ミャンマー間で使った格安航空券比較サイトが、上記スカイスキャナーとなります。

私の体感的には、比較できる航空券が一番多い気がします。

Trip.com

また、上記Trip.comは私自身ミャンマー国内線の航空券を手配する際に使ったサイトです。

中国経由の航空券や東南アジアへの便などがスカイスキャナーよりも安く提示されることが多いです。

スカイスキャナーやTrip.comから、是非みなさんもミャンマー往復の格安航空券を探してみましょう!!