ファミマで買えるMybluで禁煙成功1年間!吸いごたえ等レポート

マイブルー 海外持ち込み

アイコス・プルームテックユーザーだった私が、ファミリーマートでmyblu(マイブルー)と言うニコチンなしの電子タバコと出会い、禁煙に挑戦した全記録をここに残します。

私がマイブルーをファミマで購入したのが2018年12月。

それから既に1年が経過しました。

結論を先にお伝えしますと、私自身はその1年間マイブルーだけで過ごすことに成功!

タバコやニコチンが含まれるアイコス・プルームテックを吸わずにいれてますので、禁煙成功と言って過言ではないでしょう

  • マイブルー禁煙で襲われた禁断症状
  • マイブルーの吸いごたえ
  • マイブルーの成分

これらについても触れていきたいと思います。

マイブルーの購入に迷われている方は、是非参考になさってみてください。

きっとあなたの禁煙に一役買うはずです!!

そもそもmyblu(マイブルー)とは?

myblu

myblu(マイブルー)とは、2018年6月より福岡とオンライン上で先行発売されたリキッドを使った電子タバコVAPEとなります。

それが2018年11月に東京と大阪の一部コンビニでも発売されるようになったそうで、私は前述の通り2018年12月にファミリーマートでmybluを購入しました。

マイブルーの本体価格は2,700円

リキッドは300回吸えるフレーバーポッドが2つセットで920円となります。

※プルームテックの場合、1カプセル50パフ、5カプセルセットで490円なので、単純計算ではmybluの方が吸える量が多いことになります。

2018年12月時点では、マイブルーを取り扱っているファミリーマートも少なかったのですが、1年経てば状況も変わると言うもので、マイブルーを置くファミマの数も圧倒的に増えていきました

尚、ファミマ以外のコンビニ(セブンイレブンやローソン)でも一部で購入可能と言う情報も出回ってますが、私は見たことありません。

実際のところ、どうなのでしょうか…。

マイブルーの成分は?

myblu 成分

myblu(マイブルー)の成分は、上記写真の通りプロピレングリコール、植物性グリセリン、香料となっています。

ご覧の通り、依存性の高いニコチンは含まれていません。

もちろん、タールも含まれていません

海外だとニコチンの含まれるmybluのリキッドもあるようなのですが、日本では違法となるらしく国内流通しているリキッドは全てニコチンなしになっています。

ラオス 電子タバコ持ち込み

アイコスやプルームテックもタールは含まれていませんが、ニコチンは含まれています。

ニコチンは依存性が高いだけで、タールの方が害が高くニコチンは大丈夫なのでは?と考える人も多いことでしょう。

そんなことはありません!

ニコチンは血管を収縮してしまう効果があり、体に大きな負担を与えます。

私自身の話をすると、長年のニコチン摂取が祟り毛細血管の集まる目に悪影響が出るようになりました。

→マイブルーに変えてからは目の状況もよくなり、検査結果も大きく改善されました。

一事例でしかないので大きなことは言えませんが、ニコチン断ちは体にも良い影響を与えますので、個人的にはアイコス・プルームテックよりもマイブルーをオススメします

myblu(マイブルー)禁煙生活レポート〜禁煙開始早々

マイブルー

以下から私がマイブルーに挑戦したその日から1年間に渡るレポートを紹介します。

特に最初の方は、これからマイブルーで禁煙をしようとする人にとって参考になると思います(どんなことが大変だったのか?など)。

必要そうな箇所を、飛ばし飛ばしでご覧ください。

2018年12月12日、myblu購入初日。

とりあえず、忘年会シーズンでもあり、それまで使ってきていたプルームテックも気がつけば1日二箱消費してたんです(プルームテックに限らず、お酒飲んでいるとタバコの消費って激しいじゃないですか…)。

プルームテックの減煙になれば良いなぁ、くらいのノリでたまたまファミマで見つけたmybluを購入。

購入初日は、お!意外にプルームテックの代替え品として行けるかも!!と言った印象。

ただ、禁煙ありきで買ったものでもなかったので、吸いたくなったらプルームテックを吸おうと思いながらも、気がついたら一切吸わずに初日終了

myblu禁煙2日目

初日のうちからニコチン切れの禁断症状が出ていたのですが、飛行機に乗っていれば12時間タバコを吸えないなんてこともあるので、まぁ流せたのですが…

おっと、二日目の日中からニコチン切れの禁断症状がどんどんヤバくなったぞ!と…。

何がヤバイって、仕事中なのに眠い眠い!!

前述の通り、減煙目的でmybluを購入したので禁断症状が強くなってきたタイミングでニコチンのあるプルームテックを吸っても良かったのですが、なんとなくでも24時間ニコチン断ちをした昨日の自分に申し訳なく30分に1回のペースでオフィスを抜け出し誤魔化すためmybluを吸いまくってました

夜はシーズン柄、忘年会が!!

飲んでるとニコチン切れがストレスになって禁断症状も酷くなるかな?なんて不安でしたが、べらぼうに飲んでいた方が禁断症状も軽減されるんだと判明

myblu禁煙3日目

12月14日、金曜日。

前日の忘年会が二次会、三次会と続き家に帰ってきたのが朝4時。

まぁ、それもあったのか会社に出社してから寝不足&ニコチン切れの禁断症状で眠い眠い!

更には、なんだか足元も痺れてきました…(良い大人なので自分をごまかしごまかし仕事を終え、ちょっと早めに帰宅)。

myblu禁煙4日目

4日目突入!禁断症状で有名な眠気に襲われながらも、いざ寝ようとすると身体がニコチンを求めすぎて眠れない!!

朝になってもニコチン切れで目を覚ます…

いや、これ完全に病気だろ(笑)!プルームテックでニコチン摂取したら楽になるのかなぁ、なんて思いながらもmyblu吸いまくり耐える

mybluのない禁煙だったら絶対に耐えられなかった

myblu禁煙5日目

タバコを吸う夢を見て目が覚める(笑)。

昨日よりは身体の痺れなど禁断症状が弱くなってきたものの、それでもちょっときつい。

昨日今日が土日だったから良かったが、明日から会社。

若干不安だが、5日間も頑張ってきた自分を裏切らないため頑張ろう。。

myblu禁煙6日目

12月17日、月曜日。

身体が捩れるような痺れや、強力な睡魔などの離脱症状はゼロではないものの相当弱くなってきた印象

ただ、タバコを吸いたい衝動がなくなった訳ではないので、そこはmybluをガンガン吸って耐える。

耐えるといっても禁断症状が弱くなったため、そんなに辛くはない。

mybluで禁煙一週間目

マイブルー フレーバーポッド

プルームテックを止め、mybluだけの生活になってから満一週間が経過しました。

世間では禁煙2〜3日目が禁断症状が一番辛いと言われているようですが、個人的には4日目が一番辛かった気がします

ただ、そこを過ぎてしまえば、禁断症状はかなり弱くなってきた印象。

mybluは手放せませんが、完全にプルームテックに置き換えられてます!

mybluで禁煙二週間目

プルームテック吸いたいなぁ…、なんてことは一切思うこともなく、気がついたらmybluで禁煙を始めてから二週間が経っていました。

mybluの消費ペースは、だいたい1日1フレーバーポッドと言ったところ。

一箱に2つのフレーバーポッドで920円。

よって1日460円と言った感じです。

禁煙を始めたばかりの頃はニコチン切れの禁断症状も辛く、1日2フレーバーポッド消費してたりもしましたが、それもほぼゼロに。

ちなみに、mybluに変えてから二週間で2キロ太ってしまいました

禁煙すると太ると言いますが、私も例外ではなかったようです。。。

mybluで禁煙一ヶ月の感想

ついにmybluだけの生活で1ヶ月が経過しました。

長いようで短かったような…、まぁ一番最初の一週間目は眠たくなったり体が震えたりと禁断症状がめちゃくちゃ辛かったですが、二週間目以降は一気に楽になりました。

mybluで禁煙三週間と少しの頃、新年会でmybluの充電が切れてしまい友人のプルームテックを代わりに吸わせてもらってました。

ただ、その時もプルームテック美味いなぁなんて思わず、一種の習慣病で吸っていただけ。

それを証拠に翌日以降、プルームテックに戻るなんてことはありませんでした。

また、1ヶ月目少し前くらいからmybluの消費量が減ってきました

タバコミュニケーションや気分転換もあるのでmybluをやめる気はないですが、消費が少なくなればコストも少なくなるのでありがたい。

結構重要?ハズレmyblu割合

アイコスを吸ったことがある人ならわかると思いますが、アイコスにはハズレがあります

アイコス本体にアイコスのヒートスティックを刺した際、ものによって吸いごたえが悪いなどの外れがあるんです。

その点、プルームテックにはハズレは無いのですが、、、myblu(マイブルー)には実はハズレがあります。

1ヶ月で吸ったmybluのフレーバーポッド(mybluに刺して吸ったリキッドポッド)の本数は1日1本平均の30本ちょっと

そのうち、実際に吸っていてリキッドが全然減っていないのにプラスチックが焦げたような強烈な匂いと風味があったのが2本になります。

ハズレ割合はiQOSほどでは無いですが、実はちょいちょいあります

それは、覚悟しておいた方が良いかも、なんて思います。

Mybluで禁煙2ヶ月目の感想

気がつけば、プルームテックからMybluに変えて2ヶ月が経過しました。

もっと長い間マイブルーを吸っている気になってましたが、まだ2ヶ月なんだなぁと思うくらいMybluに馴染んでいる自分がいます

あと、1ヶ月目の感想でもMybluの消費量が減ってきたと書きましたが、2ヶ月目は更に減ってきて1日1フレーバーポッドも消費しなくなりました

そういえば、普通の紙タバコを吸っている友人にMybluを勧めたところ紙→Mybluの置き換え禁煙に挑戦してくれました。

彼もあと少しでMybluだけで1ヶ月経過だそうです。

私自身、プルームテックからの置き換えだったから素直に移行したのかな?とも思いましたが、普通の紙タバコからもMybluには移行できると彼が証明してくれました。

紙タバコの人も、Mybluで禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか^^

Myblu禁煙3ヶ月後の感想

Mybluに変えてから、あっという間に満3ヶ月が経過。

それまでもそうだったように変わらず「タバコを吸いたいな」「プルームテックを吸いたいな」と思うこともなく3ヶ月が経過しました。

そういえば、ここまで私がMybluのどの味のフレーバーポットを吸っているのか、紹介していませんでしたね。

私が最初の一週間は苦労したものの、その後はとっても楽に禁煙できているのは、ストロングメンソールのフレーバーポットのおかげだったりします。

購入時、デフォで付属しているフレーバーポッドはメンソールなのですが、それを吸った際に私は物足りなく感じました。

ということで、それの強化版、ストロングメンソールを購入してみたところ吸いごたえも期待以上に強めだった為、満足感も高くずっとそれにしています。

人によって合う合わないもあると思いますが、もしどのフレーバーポッドを買おうか迷われた場合は、ストロングメンソールを買ってみてはいかがでしょうか?

Myblu禁煙半年後の感想

マイブルーに完全移行して半年が経過しました。

結果、アイコスやプルーム・テックに戻らず、変わらずにマイブルーだけで過ごせています。

マイブルーだけでイライラするといったこともありません

ただ、逆に言うと会社でも家でもマイブルーは手放せずにいます

マイブルー自体ニコチンもないので、ニコチン依存ではないのですが、今までの生活習慣が残っているのか、マイブルー自体をやめたりはしていません

これは、私自身マイブルーをやめようと思っていないことが原因なのかもしれませんが、タバコからマイブルーに切り替えたからといって、自然とマイブルーもやめられる訳ではありません

タールやニコチンを断つと言う意味でマイブルーに移行するのは、大きな意味があります。

いきなり禁煙はハードルが高いと思います。

まずは、マイブルーでタールやニコチンが無くてもイライラしない体づくりをしてみてはいかがでしょうか。

ついにマイブルーで禁煙一年経過しました!

と言うことで、ついにマイブルーに移行して1年が経過しました。

ストロングメンソールの吸いごたえが良かったこともあり、ここまで来れたのだと思います。

これまでも散々記しました通り、アイコスやプルームテックに戻ろうと思ったこともありませんでした。

ただ、半年のタイミングでも書いた通り、マイブルー自体はやめていません。

もしマイブルー自体をやめようと思った場合、ニコチン依存ではなく生活習慣病との戦いになると思います(まだ当面マイブルーをやめる気もないですが)。

体重グラフ

また、マイブルーに移行してからの体重の変化もこちらに残しておきます。

見ていただいての通りですが、プルームテックからMybluに変えてから体重が3キロ以上増えてしまいました。

禁煙成功すると太ると言いますが、正にそういった感じです。

喫煙者がマイブルーにすると太る

ちょっとだけ覚悟しておいた方が良いかもしれませんね(体重が3キロ増えようがニコチン断ちした方が健康に良いに決まってますけどね><)。

海外にマイブルーは持ち込みOK?

ダマヤンジー寺院裏手

ちょくちょく海外に行く人もいると思います。

そのような方々からすると、マイブルーって海外に持ち込み可能なの?と気になると思います。

結論から言いますと、これは国によって持ち込みの可否が変わってきます

私自身、マイブルーに移行して半年経過した際にミャンマーへ。

一年近く経過した際にオーストリア・ハンガリー・スロバキア・チェコへ行ってきました。

結果、それら全ての国でマイブルーの持ち込みOKでした!!

基本的には電子タバコをNGとしている国は、マイブルーも持ち込みNGだと思ってください。

2019年現在、電子タバコを持ち込み不可としている国は下記別記事でまとめています。

ご興味ありましたら、上記も是非ご覧くださいませ。