ウィーン聖シュテファン大聖堂!超巨大ゴシック建築の教会へ

聖シュテファン大聖堂

オーストリアの世界遺産「ウィーン歴史地区」。

その中でも一際存在感を示しているのが、ウィーン旧市街の中心リングシュトラーセのど真ん中にある聖シュテファン大聖堂になります。

聖シュテファン大聖堂 ウィーン

聖シュテファン大聖堂は、高さ約137メートルの塔を有するウィーン大司教区の司教座聖堂です。

写真で見切れてしまっているこの塔、ゴシック建築の教会としては世界で3番目の大きさを誇るんです!

今回は、そんな聖シュテファン大聖堂を観光した際の様子を紹介します。

結論を先にお伝えしてしまうと、教会内の装飾や塔からの眺望がとても綺麗な大聖堂でした!

ウィーン観光の参考にしていただけたら嬉しいです。

ぜひ最後までおつきあいくださいませ。

ウィーン聖シュテファン大聖堂の基本情報

聖シュテファン大聖堂 オーストリア

ウィーンにある聖シュテファン大聖堂は、1359年に完成した教会となります。

前述の通り約137メートルの高さを誇る教会の塔を有し、歴史あるウィーンにおいても最大のゴシック建築なんです。

歴史ある教会だけあって、聖シュテファン大聖堂はかつてモーツァルトの結婚式も行われたのだとか!!

※ちなみにお葬式もここで行われたそうです。

聖シュテファン大聖堂はいっぱいある
ウィーンの他にも「聖シュテファン大聖堂」と名の付く教会・寺院は、ドイツやハンガリーなどにも多く存在します。間違えないようにしましょう!

ウィーン聖シュテファン大聖堂への行き方

聖シュテファン大聖堂 内部

こちらが、聖シュテファン大聖堂の内部となります。

ウィーンを代表する教会だけあって、めちゃくちゃ豪華な内装ですよね!

さて、そんな聖シュテファン大聖堂ですが、世界遺産登録されているウィーン歴史地区の中心リングシュトラーセ(通称リング)に位置しています。

ウィーン 地下鉄

ウィーンはオーストリアの首都だけあって、地下鉄網が発達しています。

聖シュテファン大聖堂であれば、最寄駅はStephansplatz駅となります。

ただ、リング周辺は世界遺産なだけあって見るものもたくさん!

聖シュテファン大聖堂へ行く際も、最寄のStephansplatz駅を使うのではなくリングの入口にあたるカールプラッツ駅から散策を開始するのも良いと思います。

ウィーンのリング周辺であれば、上記カールス教会やオーストリア国立図書館はそれぞれ比較的短時間で観光でき、更に満足度も高かったです。

聖シュテファン大聖堂とセットで観光しても良いと思いますよ!

見るものがいっぱい
私の場合、カールス教会もオーストリア国立図書館もそれぞれ45分ほどの観光時間でした。他の観光地、例えばホーフブルク宮殿や美術史美術館などは相当の時間がかかりますので午前の観光をセットで!というのは難しいんです。

聖シュテファン大聖堂の南塔

聖シュテファン大聖堂

前述の通り、ゴシック建築として3番目に大きい聖シュテファン大聖堂の南塔ですが、こちら一人5ユーロで登ることが可能です。

塔自体の高さは137メートルほどありますが、一般の観光客が登れる展望台は高さ67メートルとなります。

聖シュテファン大聖堂の公式によると、展望台までは343段、10分ほどで登り切れるそうです。

実際に南塔を登り切った際の動画が上記となります。

下から上まで私は7分で登り切れました。

動画は4倍速となっていますので、だいたい1分半ほどとなります。

どのような階段を登るのかが気になった方は、ぜひ動画もご覧ください。

そして、聖シュテファン大聖堂南塔を登った先の景色がこちら

ウィーンを一望できて、とても素敵でした!!

皆さんもウィーン観光の際は、聖シュテファン大聖堂にも是非訪れてみましょう!!