ブダペストで必見!聖イシュトヴァーン大聖堂の魅力とは?入場料等も

聖イシュトバーン大聖堂

ハンガリーの首都であり、世界遺産登録もされているブダペスト。

観光名所も数多く、最近ではヨーロッパ観光の中でも人気急上昇と言った感じになっています。

そんなブダペスト観光の中でも絶対に外せないのが、今回紹介します聖イシュトヴァーン大聖堂なんです!

イシュトヴァーン大聖堂

見ていただいての通りですが、端的に言ってとても美しく、吸い込まれるような大聖堂でした。

今回は、そんな聖イシュトヴァーン大聖堂について紹介します。

聖イシュトヴァーン大聖堂の場所

聖イシュトヴァーン大聖堂広場

上記は、聖イシュトヴァーン大聖堂前の広場となります。

広場も敷き詰められたタイルが美しい!!

さて、聖イシュトヴァーン大聖堂の場所ですが、地図で見ると上記の場所となります。

ブダペストは地下鉄網も充実しているのですが、地下鉄駅Bajcsy-Zsilinszky út(バイチ・ジリンスキー通り駅)から徒歩200メートルほどの距離にあります。

※ブダペストは地下鉄の路線が4本走っていますが、そのうちの3つが合流する駅、Deák Ferenc tér(デアーク・フェレンツ広場駅)からも500メートルほどで聖イシュトヴァーン大聖堂へ行けます。

ブダペスト 街並み

ブダペストの綺麗な街並みを眺めながら歩いて行くもよし、拠点のホテルが少し遠い場所にあれば地下鉄を使うもよし、と言ったところでしょう。

聖イシュトヴァーン大聖堂の入場料・基本情報

聖イシュトヴァーン大聖堂外観

こちらが、聖イシュトヴァーン大聖堂の外観となります。

中身も立派ですが、外観もそれに負けず美しい!

そんなイシュトヴァーン大聖堂ですが、入場料は無料となっています。

私が訪れた2019年秋の時点では、入り口には寄付を求めるボックスはありましたが、入場や見学にチケットは不要となっていました。

イシュトヴァーン大聖堂

もしあなたが聖イシュトヴァーン大聖堂を観光で訪れるようであれば、成り立ちなど基本情報を事前に押さえておいた方が、より楽しめるかも知れませんね。

聖イシュトヴァーン大聖堂は、1905年に完成したカトリックの教会となります。

イシュトヴァーンさんは、ハンガリー王国の初代国王様。

聖遺物とされている彼の右手のミイラも、イシュトヴァーン大聖堂には置かれています。

聖イシュトヴァーン大聖堂の感想

さて、聖イシュトヴァーン大聖堂の感想ですが、冒頭でも触れた通りとても美しい大聖堂でした。

上記は、大聖堂内の様子の動画になります。

見ていただいての通りですが、美しい装飾が奥行きも天井までの高さもある巨大空間を引き立てています。

先ほども紹介しました通り、20世紀初頭に完成しただけあって建築の様子なども写真で残っており、それも聖イシュトヴァーン大聖堂の中で見ることができます。

歴史のある教会や建築物の場合、そのような資料があまり残っていないですが、ここではそれらも見学できますので、建築に興味がある人も楽しめると思います。

聖イシュトバーン大聖堂

世界遺産都市ブダペストの中でも、非常に満足度の高い場所でした。

ブダペストに訪れた際は、絶対に訪れましょう!!