エティハド航空を使いアブダビ経由イタリアのミラノ・マルペンサ空港へ!

2017年10月、HISさんを利用してイタリア観光に行ってきました。

今回のイタリア旅行は、成田空港からUAE・ドバイ首長国連邦のアブダビをトランジットし、ミラノのミラノ・マルペンサ空港で入国する流れとなりました。

一連の空の旅の模様をお届けいたします。

これからイタリアに行く人のお役に少しでも立てたら、とても嬉しいです!


成田空港

成田空港

前述の通りイタリアにはUAEのアブダビを経由します。

アブダビトでランジットということで、利用する飛行機はアラブ首長国連邦が国営で運営する航空会社、エティハド航空となります。

成田空港のエティハド航空チェックインカウンターはAでした(2017年10月当時)。

エティハド航空

UAEのアブダビまで連れてってくれる今回の飛行機はこの子。

よろしくね!

エティハド航空でアブダビへ

エティハド航空飛行機

機内はこんな感じです。

コントローラーがPSVitaみたいになってました(左側にちょっと見えます)。

エティハド航空機内食

エティハド航空機内食

エティハド航空の機内食。

成田空港からアブダビにあるアブダビ国際空港までは、およそ14時間のフライト。

ですので、機内食も2回出てきました。

味に関しては、特別美味しいというわけではなかったです…。

 

ちなみに、上の写真では右上、下の写真では左上にある透明のゼリーっぽい容器は水になります。

今まで国際線はANAやターキッシュエアラインズ、ベトナム航空と乗ってきましたが、こんな容器に入っている水は初めて見ました。

最初は、フィンガーボール?とも思いましたが、れっきとした飲み水です。

この水で手を洗おうとすると、ちょっと恥ずかしい思いをしますので、不思議に思わず飲み干しましょう。

エティハド航空

実際に飛んできた経路は、上記の通りとなります。

成田空港を離陸後すぐの予想経路では、北朝鮮上空を飛ぶ予定になっていたのですが、ぐるっと遠回り。

ちょうど北朝鮮のミサイル問題が大きくなっていたタイミングでしたので、わざわざ上海から南に回るルートになったのかな?なんて邪推してます。

 

尚、エティハド航空の飛行機では、NHKワールドの放送が見られました。

左右のイヤフォンから別々に英語・日本語が流れるため、ちゃんと日本語も聞き取れました。


アブダビ国際空港

アブダビ空港トランジット

飛行機がアブダビ国際空港に着陸したら、バスに乗ってターミナルに行きます。

到着後に降ろされたら、このような看板が各所にありますので、乗り換えを指すFliht Transferの方向に進みます。

アブダビ国際空港案内板

トランジットのための手荷物検査を終えたら、ミラノ・マルペンサ空港行きの飛行機に乗るための搭乗口に向かいます。

こちらも上記のような案内板が各所にあるので、それを頼りに進みます。

アブダビ国際空港

さて、アブダビ国際空港と言えば、この蜂の巣みたいな第一ターミナル!

やはり、どことなく中東の香りがしますよね。

色々なメディアでもこの特徴的なアーチが紹介されてますので、どこかで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

私も事前にネットで見てたのですが、実際に行ってみると想像よりもちょっと小さく感じましたが(汗

アブダビ国際空港喫煙所

そして、写真はアブダビ国際空港第一ターミナルの喫煙所。

ここは5名しか入れませんが、正面には広い喫煙所もあります。

また、別のターミナルでも写真のような喫煙所や広い喫煙所が点在してますので、喫煙者の方も安心ですね(ここに来るまで14時間はタバコ我慢しないとダメですがf^^)。

 

ちなみに私はアイコス&ちょっとだけプルーム・テックユーザーなのですが、両方エティハド航空に持ち込み出来ました。

尚、帰りの便もエティハド航空でしたが、わざわざ日本語でトイレでの電子タバコも喫煙はご遠慮ください、とアナウンスがありました。

アイコスだろうがプルーム・テックだろうが、飛行機内で吸うのは諦めましょう。

アブダビ国際空港ラクダ

さすが中東の国、UAE・アラブ首長国連邦!

ラクダが迎えてくれます。

アブダビ国際空港レゴラクダ

そして、レゴブロックで作られたラクダもいます。

顔がコミカルで、ちょっといやらしい顔してますが憎めない感じがありますよね(笑


アブダビ国際空港からミラノ・マルペンサ空港へ

アブダビ国際空港飛行機

トランジットで2時間滞在したアブダビ国際空港ですが、この飛行機に乗ってついにイタリアはミラノ・マルペンサ空港へ。

アブダビ発ミラノ行き飛行機

機内の様子は、こんな感じです。

成田空港発アブダビ行きの飛行機とは、また違います。

でも、ここでもNHKワールドは見られました。

アブダビ夜景

運良く窓際の席でしたので、離陸直後のアブダビの様子をパシャり!

アブダビミラノ間空路

こんな感じの空路で、ミラノまで7時間の空の旅になります。

イラクやシリアの上空を飛行します。

ちょっと色々考えさせられます。。

トルコ黒海上空

と、思っていたら!イラクやシリアを迂回し、実際は上記のようにイランからトルコ上空に入りました…。

黒海上空

トルコの黒海上空です。

ちゃんと海岸線が分かる!!

イタリア上空朝焼け

クロアチアのプリトヴィツェ付近の上空で、朝焼けが見られました。

プリトヴィツェと言えば、世界遺産にもなっているプリトヴィツェ湖群国立公園じゃないですか!ここにもいつか行ってみたいと思っていたのですが、まさかその上空にいるなんて!!

あぁ、雲さえ晴れていればなぁ…。

プリトヴィツェ付近上空

暫く進むと雲も晴れました。

iPhoneの位置情報だとクルク島上空とのこと(機内モードにしてても位置情報って写真に記録されてるんですね!)。

ベネチア ミラ上空

ベネチアのミラ上空(らしいです)。

もうちょっと北を航行していれば、ベネチア本当上空だったのですが…><


イタリア到着!ミラノ・マルペンサ空港

ミラノ・マルペンサ空港

成田空港からアブダビ国際空港まで14時間、アブダビで2時間トランジット待ちからの7時間の空路を経てやっとイタリア北の玄関口、ミラノ・マルペンサ空港に到着しました!

入国審査は写真撮影禁止ですので、その辺りは飛ばします。

ミラノ・マルペンサ空港

流石に少々疲れてしまったのか、そんなに写真を撮ってませんでした><

イタリア到着は、現地時間の朝7時20分。

このままの流れで、イタリア第二の都市ミラノ観光がスタート!!

実際に行ったイタリアの一覧はこちらになります


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP