ルアンパバーン国際空港の詳細!市内からの移動や出国の流れなど

ルアンパバーン国際空港

ルアンパバーン国際空港はラオス国内で3つしかない国際空港の一つ。

ラオスの世界遺産ルアンパバーンから4kmほどしか離れておらず非常に便利!

私はラオスを首都ビエンチャンのワットタイ国際空港から入国し、バンビエンを経由しルアンパバーンに入るルートで観光しました。

ということで、今回紹介するルアンパバーン国際空港から日本へ帰国したのですが、今回はその模様をお届けしたいと思います。

それでは、最後までおつきあいくださいませ。

雨季のルアンパバーン旅行記!ルアンパバーン観光おすすめ9箇所

尚、ルアンパバーンでの全観光の模様は上記にまとめてます!

よろしければ、そちらも併せてご覧ください!!


市内からルアンパバーン国際空港までの移動

ルアンパバーン国際空港 トゥクトゥク

宿泊したホテル、ルアンパバーンホテルのスタッフに5万ラオスキープ(日本円で650円ほど)でタクシーチャーターできるよ!呼ぼうか?

と提案してもらったのですが、ラオス滞在最終日ということで手持ちも心許ない状態に。

少しでも出費を抑えるために自力でどうにかすること決めたのでした。

4kmしか離れていないので歩こうと思えば歩けますが、10kg近いバックパックを背負って歩くのも嫌だなということで、トゥクトゥクを探すことに。

ルアンパバーン トゥクトゥク

で、10分ほどルアンパバーン市内を彷徨っているとトゥクトゥク発見!

数少ない英語ボキャブラリーから私が一番使っているであろう必殺の「I want to go to 〜」を使い運転手さんとコミュニケーション。

5万ラオスキープと言われたので、値切り交渉開始。

結果、4万ラオスキープ(520円ほど)で交渉成立!彼にルアンパバーン国際空港まで送ってもらうことになりました。

ルアンパバーン ガソリンスタンド

乗り込んでレッツゴー!と思った矢先、すぐにガソリンスタンドへ。

お客さん乗せる前に給油しとけよー!と思いますが、まぁそこはラオスルール。

のんびり行きましょう。

ルアンパバーン市内から国際空港までの道の様子がこちら。

こんな感じで15分ほど揺られていると、ルアンパバーン国際空港に到着しました。


ルアンパバーン国際空港の様子

ルアンパバーン国際空港 ロビー

到着しましたルアンパバーン国際空港。

10日間ラオス一人旅もついに終わってしまうなぁ、なんて思いながらもここで無事に出国できなければ大変なことに!ちゃんとチェックインするまではシャキッとせねば。

ということで、チェックインカウンターへ。

私はベトナムのハノイにあるノイバイ国際空港トランジットで帰る予定だったのですが、チェックインカウンターでe-チケットを提示したら、ルアンパバーン〜ハノイ間だけでなくハノイ〜成田間までチケットを出してくれました。

ノイバイ国際空港 乗り継ぎカウンター

上の写真はノイバイ国際空港の乗り継ぎカウンター。

行きもハノイ経由だったのですが、その際は成田でハノイ〜ビエンチャン間のチケットを出してもらえず、ノイバイ国際空港の乗り継ぎカウンターで40分くらい待たされたんです。

この待ち時間、ほんと無意味!でもルアンパバーン国際空港ではハノイ〜成田間チケットも出してもらったので、そんな無意味時間を回避できるわけです!本当に助かる!!

ラオス出入国カード

チェックインカウンターの次は、出国審査。

入国時に貰ったラオスの出入国カードの出国部分を予め記入しておけば、出国審査の時にそれを提出するだけで完了します(併せてパスポートとルアンパバーン〜ハノイ間の航空券も同時に提示)。

そして最後に手荷物検査になるのですが、私はここでポカをしました。

手荷物の中に別の袋に入れておく予定だったプルームテック(電子タバコ)のバッテリーが混ざっており警報音が!!

私もその時なにが引っかかったのかわからなかったのですが、利用客も多くないルアンパバーン国際空港だけあって、他のお客さんも並んでおらず落ち着いて手荷物バックを全てひっくり返すとプルームテックが…。

これ何?って聞かれたので、「It’s a Japanese erectric cigarette^^」と伝えたら、不思議そうな顔されましたがなんとか審査パス。

ラオスでは台湾や香港にタイのように電子タバコを違法とはしていないものの、現地で電子タバコを吸っている人はいませんでした。

無事に解放されて良かった(汗)。

ルアンパバーン 空港

手荷物審査まで完了すると、搭乗口ロビーに到着。

写真の通り、おみやげ屋さんや飲食もできるお店がいっぱいありました。

ルアンパバーン国際空港 喫煙所

このご時世、喫煙所がない空港も多いですが、ルアンパバーン国際空港内には喫煙所もありました!喫煙者の身分からすると、とても助かります!!

ルアンパバーン国際空港 マッサージ店

ルアンパバーン国際空港内にはマッサージ店もありますが、市内と比べると値段は倍程度となります。

ここでお願いするくらいなら、市内で2日連続マッサージを受けた方が賢いかと(汗)。

ルアンパバーン国際空港 搭乗口

19:15フライトの予定が、、、

ルアンパバーン国際空港 ベトナム航空

めっちゃ早い時間帯から搭乗を促され、18:35には飛行機が動き出し、えっ、流石に早いんじゃない!?なんて思っていたら18:44にはフライトしました!!

遅延を食うことは多々あれど、出発が早まるなんて初めての経験でしたのでビックリ!!

ルアンパバーン国際空港 ベトナム航空機内

機内の様子はこんな感じでした。

長距離路線でもないので、エンタメはなし。

座席も3席3席の1列6シート。

ルアンパバーン 飛行機からの夜景

機内からのルアンパバーンの夜景。

さよならルアンパバーン、さよならラオス!とっても楽しかったよ!!

ノイバイ国際空港 ルアンパバーンから

で、19:25に早くもハノイ到着。

ハノイ乗り継ぎでラオス首都ビエンチャンにあるワットタイ国際空港へ

行きも帰りもハノイのノイバイ国際空港経由でしたので、もしノイバイ国際空港の乗り継ぎの模様もお知りになりたいようでしたら、上記ご確認ください。

以上となります。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!!


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP