ラオスの象徴タートルアンへ!ライトアップやタートルアン入場料は?

2018年10月、一人旅でラオスに行ってきました。

ラオスでは、日本人観光客がとても少ない(実際に私は全く会いませんでした)首都ビエンチャンにも行ってきたのですが、そこでラオスの象徴とも呼ばれるタートルアンに足を伸ばしましたので、その際の模様をお届けしたいと思います。

タイトルの通りなのですが、夜に出歩きライトアップされたタートルアンも見てきました。

とても綺麗!一見の価値あり!!だと強く思います。

ラオス観光を計画されている方が、ビエンチャンにも行ってみようかなぁ、と思ってもらえたらとても嬉しいです。

ぜひ最後までおつきあいくださいませ。


そもそもタートルアンとは?

タートルアン内部

16世紀に建てられた仏塔になります。

ラオスを象徴する仏塔であり、その証拠にラオスの国章にもこのタートルアンは描かれています(国章って?と思う方もいるかもしれませんが、日本の国章はパスポート等にも描かれている菊の御紋ですね)。

実はこのタートルアン、19世紀にタイに攻め込まれ破壊されてしまっています。

なので、今日に見るタートルアンは修復されたものになるんです。

メコン川からパトゥーサイ経由でタートルアンへ夜道をGo!

宿泊したホテルがメコン川近くにあり、チェックインしたのが夜の8時ほどでした。

位置的にはメコン川→パトゥーサイ→タートルアンという感じで、

ラオスの凱旋門パトゥーサイへ!夜のライトアップから昼の眺望まで

上記の記事の冒頭でも紹介している流れから、まずは夜のパトゥーサイを歩いて目指したんです。

で、ライトアップされたパトゥーサイを堪能した後Googleマップを見たら、更に2キロほど歩くだけでタートルアンにも行けることが判明!これは、歩くしかないでしょ!!という感じに。

パトゥーサイ付近では全然見れなかったタートルアンも、残り700メートルくらいになるとちらほら光るタートルアンが見えてくるんです。

で、あともうちょい!と行った状況でとったのが上の写真。

この頃には、明らかにタートルアンと分かるようになりテンションもどんどん上がってきました。

そして、、、

夜9時30分手前にやっと到着!!

こんな光る巨大建造物が目の前にあるんです。

クタクタにはなりましたが、頑張ってここまで来た甲斐はあったというもの!満足感はかなり高かったです。

尚、ライトアップされたタートルアンとその周辺を撮影した動画はこちらになります。

周りには誰もいません。

観光客は出歩かず、現地の人は見慣れた光景なのでしょうか。

パトゥーサイには夜でもそこそこ人がいたんですけどね(汗)。

さて、来たからには戻らなければなりません。

チェックインしたホテルからここまで4キロ近く…、トゥクトゥクがあれば素直に乗ってしまおうと思ったのですが夜も更けてきて全くいない!!

パトゥーサイ ライトアップ

結局パトゥーサイまで歩いて戻ったところでトゥクトゥクを捕まえ、5万ラオスキープ(日本円でだいたい650円くらい)と言う運転手を4万キープまでディスカウントさせ、ホテルに戻ったのでした。


日中のタートルアンへ!その入場料は?

ライトアップされたタートルアンを堪能した翌日、ブッダパークを午前中に訪れ午後からビエンチャン市内の観光を自転車を借りて楽しみました。

折角のビエンチャン、タートルアンにも入ってみたいじゃないですか!と言うことで、自転車で行ってみることに。

パトゥーサイからタートルアンまでの自転車移動の模様をノンストップで撮影してみました。

ご興味ありましたら、上の動画も是非ご覧ください。

さて、動画の通りタートルアンへ到着!

前日が歩きだったので、とっても楽でした^^

受付でさっそくチケットを購入していざ入場!

ちなみにこちらが購入したタートルアンの入場券になります。

スタンプの通り、2018年10月6日(06 OCT 2018と斜めに押されたスタンプが見えると思います)に行ったのですが、その時点で入場料は10,000ラオスキープ。

日本円だと、だいたい130円くらいですね。

で、実際に入ってみると、四方をこのような回廊に囲まれ、

中央にタートルアンがドン!!

入場料をわざわざ払わなくてもあまり見た感じは変わりませんね。。

ただ、このような階段が四方にあり、靴を脱いで(地元の人たちはみなさん脱いでいたのでそれに習いました)登ってみると、、

祭壇がありました。

ラオスの象徴だけあって、とても丁寧にされている印象でした。


タートルアンに行ってみての感想

タートルアン ライトアップ

夜のタートルアンライトアップを見れただけで、ビエンチャンに来てよかったなと思えました。

それくらい肉眼で見ると、とっても綺麗だったんです。

昼間もとても綺麗ですが、やっぱりオススメは夜のライトアップ。

タートルアン近くにあるホテルに泊まれるようなら、絶対に見に行った方がいいです。

近くのホテルがとれなかったとしても(私みたいに無駄に歩くことはないですので)トゥクトゥクを捕まえて、ぜひ見に行ってほしいです。

振り返ってみると、個人的には夜のタートルアンがビエンチャン観光のハイライトだったなと^^!!

ビエンチャンって何あるの?実は見所多いビエンチャン観光10選+α

ちなみに、上記はビエンチャン観光のダイジェストになります。

よろしければ、こちらもご覧くださいませ。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ラオス、バンビエンのブルーラグーン1とその先の鍾乳洞ダンジョンへ
プーシーの丘は10月の雨季も夕日は綺麗に見れるのか?入場料なども
バンビエンでチュービングに挑戦!ラオス雨季最後の10月の様子
世界一の癒し!ラオス辺境バンビエンのスマイルビーチバーでビアラオ三昧
滝の中の階段?雨季のクアンシーの滝を現地ツアーで観光!料金は?
バンビエンの行き方は?ビエンチャンからバスでバンビエンにGO
バンビエン観光4日間おすすめ観光地から穴場まで!バンビエンの全記録
大自然バンビエンの絶景へ!ビューポイント3箇所を登山&トレッキング
ラオスの凱旋門パトゥーサイへ!夜のライトアップから昼の眺望まで
ラオス首都ビエンチャンのブッダパークへ!バスでの行き方や入場料は?
場所や料金は?バンビエン市内から徒歩探索可能なタムチャン洞窟へ
ビエンチャンのコープビジターセンターでラオス不発弾問題に触れる
ラオスのルアンパバーン托鉢見学で泣きそうになるくらい感動した話
ビエンチャンって何あるの?実は見所多いビエンチャン観光10選+α
バンビエンからルアンパバーンへバス移動!道中や時刻表に料金も紹介

Menu

HOME

TOP