バンテアイ・スレイに行くならバンテアイ・サムレも行くべき!

img_2577

アンコールワットやアンコールトムのあるカンボジアの観光都市、シェムリアップから然程離れていない距離にあるバンテアイ・サムレ。

この寺院は、位置的にも東洋のモナリザで有名なバンテアイ・スレイ観光とセットにされることが多いと思います。

そして、知名度的にはどうしてもバンテアイ・スレイの方が高く、正直私も「ついで」にバンテアイ・サムレに行ってみたと行ったところでした。

だがしかし!ここバンテアイ・サムレもかなり立派な寺院でした。

その魅力が少しでも伝われば幸いです。

ぜひ最後までお付き合いください。


バンテアイ・サムレについて

バンテアイサムレバンテアイ・サムレは、12世紀にヒンドゥー教の寺院として建立されました。

シェムリアップからも北東におよそ20キロ程度と然程遠くなく、今まで紹介してきたベンメリアコーケー遺跡群、そしてプレアヴィヒアなどと比べれば、とても行きやすい遺跡となります。

旅程や旅費の問題で遠方の遺跡まで行けないという人には、バンテアイ・スレイと共にバンテアイ・サムレも一番の観光候補になるのではないでしょうか?

バンテアイ・サムレ入口

バンテアイサムレ看板バンテアイ・サムレ入口にある看板です。

地図の右側にユネスオのマークがありますね。

そうです、ここバンテアイ・サムレもアンコールワットやアンコールトム同様、世界遺産に登録されているアンコール遺跡群の一つになるのです。

よって、バンテアイ・サムレも立派な世界遺産になるのです!

ちなみに、なぜか同じアンコール王朝が作ったベンメリアやコーケー遺跡群は、世界遺産アンコール遺跡群には数えられていません。

地理的な問題はあるにせよ、同じ王朝が作ったのだし、言ってしまえばシェムリアップ周辺の遺跡と比べてもベンメリア・コーケーの方が規模も作りも立派なのだから(アンコールワットやアンコールトムは除きます)、同じアンコール遺跡群として世界遺産に認定されれば良いのに…と強く思います。

バンテアイサムレへの道案内板を超え、こんな感じの道を進むと…

バンテアイスレイ正面見えてきました、バンテアイ・サムレ!

小さなアンコールワットとも呼ばれているそうですが、とっても納得です。

門のレリーフ門のレリーフです。

バンテアイスレイ内部

バンテアイサムレ第一回廊実際に正面から入ってみての第一回廊の模様です。

どうしてもしょうがないのですが、アンコールワットやアンコールトムって、本当に観光客が多いんですよね。

なので、なかなかゆっくり見るのも難しいのです。

それに対して、ここバンテアイ・サムレは、ちょっと離れたところにあるため、観光客はいるものの先の2つに比べたら、だいぶ少ない印象です(バイヨンなんて菩薩の顔より人の顔ばかりでしたから…><)。

第一回廊抜けた先第一回廊を抜けると、第二回廊と中央塔がお出迎えしてくれます。

バンテアイサムレ第二回廊

img_2555

中央塔第二回廊と中央塔入口です。

中央は真っ暗な空間があり、昼でも懐中電灯がないと何も見えない状態です。

img_2552

img_2573

img_2575当然ながら日本国内では見ることのできないヒンドゥー教寺院の遺跡です。

人の少なさもあり、ゆっくり鑑賞!

img_2577

img_2579

バンテアイサムレ寺院ゆっくり見てまわったところで、次にバンテアイ・スレイに行きます。

そちらは、また別の機会に紹介しますので、お楽しみにです!


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP