ビビハニムモスクとシャブバザールへ!そしてウズベキスタンの治安について

どどん!その巨体は圧巻のひとこと!!

2018年4月にウズベキスタン観光でサマルカンドに訪れました。

レギスタン広場やシャーヒズィンダ廟群など、サマルカンドは見所満載なのですが、今回紹介するビビハニムモスクも絶対に外せない観光スポットになります。

今回は、ここビビハニムモスクとそれに併設するように建てられているシャブバザール(シアブバザール)に行った際の模様をお届けします。

また、最後にここで体験したことを絡めながら、ウズベキスタン全体の治安の印象についても紹介したいと思います。

最後まで、ぜひご覧ください。


ビビハニムモスク

ビビハニムモスク

カリモフ大統領廟から望むビビハニムモスクの眺望。

サマルカンド最大の大きさを誇る建造物となります。

ちなみに、ビビハニムモスクの手前の平屋の建物が併設するシャブバザールです。

ビビハニムモスク

ビビハニムモスク手前からの写真。

入口手前の人たちを見ていただくと、その大きさがなんとなく分かるのではないでしょうか。

ビビハニムモスク正面

真正面からの写真。

あまりにも大きすぎて、かなり後ろに下がらないと正面の門の全体像をカメラに取れないほどの大きさです。
 

ビビハニムモスク内部とその歴史

ビビハニムモスク内部

写真はビビハニムモスク内部のものとなります。

1399年に中央アジアにて大帝国を1代にして築き上げたティムールの名により建設が開始され、完成に5年を費やした巨大建築物となります。

当時からイスラム圏最大級のモスクだそうで、もちろん今でも中央アジアでは最大規模のイスラム寺院となります。

広さも相当なもので、1万人は収容できる規模。

案内をしてもらいました現地ガイドさん曰く、ビビハニムはティムールの第一夫人の名からとったそうです。

ビビハニムモスク内部

また、建造に際してはティムールが征服した地域から優秀な芸術家や職人を連れてきて作らせただけでなく、当時ティムール朝の領地でもあったインドからインド象を連れてきて資材運搬に使ったそうです。

これもガイドさんからのお話ですが、建造の際にティムールの奥さんビビハニムに対して建築家から「関係を持たないと図面も書かないぞ」と言われたそうで、拒否したことから建築が進まなかったとかなんとか。

建築が開始されるも作っている間ティムールは海外遠征中。

戻ってきて完成した玄関を見た際、高さに不満を抱いたようで、最初は計画されていなかった高さ50メートルのミナレットを追加で作らせたとか。

中央アジアのみならず、インドやシリア、トルコまで支配下に置いた大帝国を1代で作った人は建造物に対してもどでかいスケールを望んだわけですね!

ビビハニムモスク模型

写真は首都タシケントのウズベキスタン歴史博物館にあるビビハニムモスクの模型になります。

ウズベキスタンはご存知の通り、かつて旧ソ連に組み込まれていました。

その時代、ビビハニムモスクはソ連が中央アジアで力を入れていた綿花栽培の倉庫の役割を押し付けられていました。

この辺りからモスクとしての役割を失ったものの、独立後、お祭りなどのタイミングなどで年に二回だけモスクとして多くの人が集まるそうです。

冒頭でも触れましたが、シャーヒズィンダ廟群やレギスタン広場に並ぶサマルカンドの観光スポットになります!

入場料も特にありませんので、サマルカンドに訪れた際は絶対に訪れてみてくださいね!!
 



シャブバザール(シアブバザール)

シャブバザール(シアブバザール)

ビビハニムモスクの近くには、サマルカンド最大のバザールがあります。

観光客のお土産などは全くなく、現地の人たちの生活を支えるバザールとなっています。

観光地化されているバザールも悪くないのですが、こういった現地の人たちの生活が垣間見えるバザールの方が興味深く感じられます。

シャブバザール(シアブバザール)

ここはシャブバザール(シアブバザール)のお菓子売り場。

当日は日曜日ということもあり、子どもたちがたくさんお菓子を選んでました^^

シャブバザール(シアブバザール)

シャブバザール(シアブバザール)のお肉売り場。

このお肉、当然ですが売り物です。

見た目の通り、衛生面はいまいち。

当たり前のようにハエが飛んでおり、肉に止まってます。。

案内してもらいまいしたガイドさんも、ある程度収入のある人たちはここでお肉買わないでスーパーで買っていると言ってました。



ここでウズベキスタンの治安について

シャブバザール(シアブバザール)

突然に感じられると思いますが、ここで私が感じたウズベキスタンの治安について触れたいと思います。

〜スタンというだけで、多くの人が治安が悪いように感じると思います。

私もウズベキスタンに行ってくると知人に言うと「治安大丈夫なの?」と多くの人に言われました。

実際にサマルカンド・ブハラ・ウルゲンチ・ヒヴァ・タシケントとウズベキスタンを周遊した私が感じたこととしては、「めっちゃ治安いいじゃん!」でした。

もちろん、アフガニスタンやキルギスとの国境付近などは外務省の案内の通り、かなり注意しないといけないと思います(キルギスとの国境線はレベル3エリアです)。

では、なぜ私が治安が良いと感じたかと言うと…、多くの海外観光地で遭遇する物乞いや押し売り、そしてスリ(っぽい人)がほぼ全くいなかったからです。

シャブバザール(シアブバザール)

当然、「このお土産を買って!」と行った観光客相手の物売りもいます。

ただ彼らもまだ慣れていないのか、普通に断れば必要以上に押し付けてきません。

過去私が観光した海外(このサイトで紹介しているトルコやイタリア、カンボジア)と比べれば、それはもう過ごしやすい国でした。

※物乞いは、唯一ここシャブバザールとビビハニムモスクの間の道で遭遇しましたが(ガイドさん曰くロマ族の方だそう)、海外でお一人しか会わなかったってすごいことだと思いませんか?

ガイドさん物乞いや押し売りがなぜ少ないのか聞いてみたら、

 

「まだウズベキスタンは海外からの観光客が年間200万人しかいない」

「だから、観光客からお金を巻き上げようとう発想を持ってない」

 

とのことでした。

日本をはじめ2018年にノービザで入れる国が増えました。

観光客が増えることで、悪いことを考える人が増えないことを切に祈ります!



おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ヒヴァの象徴!カルタミナルとムハンマド・アミン・ハン・メドレセ
ブハラのイスマイール・サーマーニ廟!中央アジア最古のイスラム建築
レギスタン広場3つのメドレセとライトアップ&プロジェクションマッピング
ヒヴァのクフナ・アルク城塞と見張り台からの感動の世界遺産眺望
黄金の霊廟グーリアミール廟!ティムールやウルグベクが眠る荘厳な霊廟へ
ウズベキスタンってどんな国?人口や平均寿命に年収や学校教育など
世界遺産ヒヴァで一番美しいタイルを持つパフラヴァン・マフムド廟へ
アフラシャブ博物館とアフラシャブの丘へ!ここはサマルカンドの原点
ここがヒヴァのジュマモスク!ジュマモスクミナレットも登ってみた
ウズベキスタン高速鉄道アフラシャブ号でサマルカンドからブハラへ
世界遺産イチャン・カラへ!ウズベキスタン唯一の現存する城塞都市
アイコスはウズベキスタン持ち込み可?ウズベキスタンのタバコ事情!
2018年2月ウズベキスタンのビザついに免除!某ビザセンターに聞いてみた
世界遺産ヒヴァのタシュ・ハウリ宮殿を観光!石の庭?新しい宮殿?
世界遺産ブハラで13の観光地を堪能!ブハラ観光ダイジェスト

Menu

HOME

TOP