世界遺産ヒヴァのタシュ・ハウリ宮殿を観光!石の庭?新しい宮殿?

タシュ・ハウリ宮殿

世界遺産ヒヴァの城壁内イチャン・カラに行って来ました。

カルタミナルやジュマモスクなど多くの観光地に訪れましたが、今回はその中からタシュ・ハウリ宮殿の模様を紹介したいと思います。

是非、最後までお付き合いくださいませ!



タシュ・ハウリ宮殿

タシュ・ハウリ宮殿

「石でできた庭」という意味を持つタシュ・ハウリ宮は、19世紀に作られた比較的新しい宮殿となります。

17世紀に作られ、それまで宮殿として機能していたクフナ・アルク城塞を古い宮殿、そしてここタシュ・ハウリ宮殿を新しい宮殿と呼び現地の人は区別していたそうです。

タシュ・ハウリ宮殿

一番手前が王様のスペース、その近くから第一夫人、第二夫人、第三夫人、第四夫人のスペースとなります。

写真では分かりにくいかもしれませんが、一番手前の王様の間の方が50センチほど高くなっています。

これ、最初は同じ高さだったのですが、完成後にわざと高く作り直させたそうです。。

ちなみに一番最初の写真の1階に小さな扉が見えると思いますが、王様から第四夫人のスペースに対応するように扉が設置されています。

ここから、それぞれに対応する10名のメイドが出入りしていたそうです。

タシュ・ハウリ

タシュ・ハウリの王様の間の天井です。

中東のデザインというよりも、どことなくアジアンチックな雰囲気がありますよね。

同じウズベキスタンのサマルカンドやブハラ同様、ここヒヴァもシルクロードの要だけあって、アジアサイドの文化も多く入って来た証拠なのでしょう。

王の間にはこのような扉がついており、奥に入ると、、

王様専用の部屋があります。

ここはなんとなく中東の雰囲気があるような気がしませんか?

タシュ・ハウリ宮殿の中央には、このような井戸があります。

水の少ない地域だからこそ、宮殿の中央に井戸があるんですね。

 

タシュ・ハウリ宮殿の後に、先ほどもちらっと紹介した「古い宮殿」クフナ・アルク城塞にも行って来ました。

ヒヴァのクフナ・アルク城塞と見張り台からの感動の世界遺産眺望

ヒヴァだからこその美しい眺望も紹介してますので、宜しければそちらもご覧くださいませ。