ウズベキスタンのタシケント抑留日本人墓地とナヴォイ劇場へ訪問

2018年4月、サマルカンド国際空港から入国しサマルカンド・ブハラ・ヒヴァと過ごした一週間。

ウズベキスタン最後の訪問の地は、帰国の関係から首都のタシケントとなりました。

私自身、シベリア抑留の日本人の話や、その延長線上でウズベキスタンにも抑留日本人がいたことは知っていたのですが、事象としてしか把握していませんでした。

ここ、タシケント抑留日本人墓地とナヴォイ劇場に実際に訪れてみて、色々と感じる部分もありましたので、これら訪問地について紹介していければと思います。

どうか最後までお読みくださいませ。


公営墓地内にあるタシケント抑留日本人墓地

タシケント抑留日本人墓地のあるタシケントの霊園

タシケントの抑留日本人墓地は、それ単体が存在するのではなく多くのウズベキスタン人の方が眠られる公営墓地の一角にあります。

ウズベキスタンはイスラム教徒、ムスリムになります。

国の公営墓地ですので、入口には写真の通りモスクがあるんです。

タシケント公営墓地

失礼にあたるのではとも思いましたが、このサイトを読んでくださる人にウズベキスタンのタシケント周辺に抑留された日本人の方が、どんなところに眠っているのか知って欲しく敬意を持って写真を撮らせていただきました。

名前のみ掘られている墓跡もあれば、顔写真が掘られている(現地ガイドさん曰く、正確にはプリント技術だそうです)場合もあります。

ガイドさんが仰っていたのですが、不慮の事故や病気でお子さんを無くしてしまった場合、顔写真をほるケースが多いそうです。

見る限り若い人の顔が多いなと思っていましたが、悔やむに悔やみきれない思いがそうさせるんです。

私自身無宗教ですが、そんな宗教が違うとかどうとか関係なく、安らかにお眠りくださいと心の中で祈るしかできませんでした。


タシケント抑留日本人墓地

タシケント抑留日本人墓地

公営墓地の中を5分〜10分ほど歩くと、抑留日本人墓地に到着しました。

ご存知の通り、旧ソ連に捕虜とされた旧満州国の日本人や樺太にいた日本人がシベリア抑留をされたわけですが、ウズベキスタンも当時は旧ソ連の統治下にあったわけで、シベリア抑留と同じようにウズベキスタンにも抑留されたわけです。

現地ガイドさんのお話ですと26,000人ほどの日本人がウズベキスタンに抑留され、約1割の方が抑留中に亡くなられたそうです(帰国後ネットで調べてみたところ違う数字が出てきましたが、ここでは聞いた話を優先します)。

私が案内されたここタシケント抑留日本人墓地では、当時18歳から20歳ほどの若者79人の方が眠られています。

ウズベキスタ抑留日本人墓地

今回タシケント抑留日本人墓地へは、ツアーを利用して訪れました。

ですので、ツアー会社が手配してくれていたのかわかりませんが、日本人墓地の墓守さんにお会いすることができました。

写真に映る安倍さんと握手している人です(写真持っている人は現地ガイドさん)。

 

1992年、ウズベキスタンが独立した際、日本側からウズベキスタンに眠る日本人のご遺体を日本に帰してあげたいと申し入れた際、ウズベキスタン政府は「ずっと面倒をみるから」と断ったそうです。

ここの墓守は世襲制とのことで、鎮魂を願う思いが代々受け継がれているんです。

これは、世襲制という言葉に踊らされているわけではなく、私自身、日本人墓地を離れる際に墓守の方に「(ずっとここで見守ってくれて←という思いを込めながら)ありがとう」と現地の言葉でお伝えしたら、(とんでもない←と言った表情で)握手をしてくれました。

流れ作業のように他のツアー客と握手をしていたわけではありません。

だから、私は彼がウズベキスタン政府が約束をしてくれた通りのことを今までもこれからもしてくれると確信をしました。

タシケント抑留日本人墓地の桜

1998〜2002年にウズベキスタン全権大使だった中山恭子さんが1200本の桜を寄贈されたそうです。

あまり政治的な発言をしたくはないですが(と言いますか私は無党派層ですが)、このようはお話は政党関係なく個人として共感が持てます。

日本人墓地鎮魂碑

墓守の方から、以前ここタシケント抑留日本人墓地に来られた方から預けられたというお線香をいただきました。

写真の鎮魂碑に線香をあげさせていただきました。

タシケント抑留日本人墓地鎮魂碑

鎮魂碑の裏側は、このように亡くなられた方々のお名前と出身地が書かれています。

 

すみません。

抑留日本人墓地でのお話は、ご紹介したいこともがあるのですが、時間を見つけ後日触れさせていただきます。


ナヴォイ劇場

ナヴォイ劇場

ここはナヴォイ劇場。

ロシア人建築家の設計によって作られた800人はいる現役の劇場となります。

今回、タシケント抑留日本人墓地と一緒にご紹介させていただいたのにも理由があります。

ここナヴォイ劇場も設計はロシア人でしたが、作ったのはこの地に抑留されていた日本人。

1966年にタシケントを襲ったウズベキスタンの地震の際、他の建築物は倒壊したものの日本人の作ったナヴォイ劇場だけは倒壊しなかったとか。

日本人が作ったものは、他にもダムや鉄道など多岐に渡るのですが、地震で倒壊しなかったことから、ここナヴォイ劇場が日本人抑留者の功績として一番に挙げられているんです。

ナヴォイ劇場 石碑

それを証拠に、ナヴォイ劇場の側面にはこのような文字が刻まれています。

ウズベキスタン独立後の初代大統領、カリモフ大統領が建てた石碑(ナヴォイ劇場側面の上部に埋まっています)なのですが、写真の通り日本語でも記載されています。

尚、石碑には「参加と貢献」とありますが、これはカリモフ大統領が「ウズベキスタンが強制労働させたと思われたくない」からこの表現になったそうです。

確かに当時は旧ソ連の一部であり、ウズベキスタンが日本人捕虜を使って強制労働をさせ作ったわけではないので気持ちもわかりますが…、史実をそのまま記しても問題ないと思うのは私だけでしょうか。

 

ここ、ナヴォイ劇場や前述のダムや鉄道建設に日本人が(言い方はあれですが)貢献したことは、ウズベキスタンの教科書でもちゃんと触れられているそうです。

そのこともあり、現地ガイドさん曰く、ウズベキスタン人は親日家が多いのだとか。

戦争や終戦後の不幸な出来事の果てに、今はほんの少しの、そして未来は大きく輝く希望の種を見た気がしました。

ウズベキスタンに眠る多くの日本人の若者が繋いだ未来への種は、確実に芽吹いていると思います。

それを、大きく育てるのが今に生きる人々の役割だと強く思ったタシケント抑留日本人墓地とナヴォイ劇場訪問となりました。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ウズベキスタン高速鉄道アフラシャブ号でサマルカンドからブハラへ
アイコスはウズベキスタン持ち込み可?ウズベキスタンのタバコ事情!
世界遺産ヒヴァで一番美しいタイルを持つパフラヴァン・マフムド廟へ
ブハラのイスマイール・サーマーニ廟!中央アジア最古のイスラム建築
ヒヴァのクフナ・アルク城塞と見張り台からの感動の世界遺産眺望
ここがヒヴァのジュマモスク!ジュマモスクミナレットも登ってみた
アフラシャブ博物館とアフラシャブの丘へ!ここはサマルカンドの原点
命の灯台?ブハラのカラーンミナレットと圧巻のカラーンモスクへ
サマルカンド絶対行きたい観光スポット7箇所!実際に観光してみた感想
ブハラの中心ラビハウズとその周辺観光!ユダヤ人街で小学校も訪問
ブハラにあるアルク城に行ってみた!ブハラ・ハン国の王宮へ
世界遺産ブハラで13の観光地を堪能!ブハラ観光ダイジェスト
中央アジアで天文学?ウルグベク天文台と併設の博物館で星の夢を見る
レギスタン広場3つのメドレセとライトアップ&プロジェクションマッピング
2018年2月ウズベキスタンのビザついに免除!某ビザセンターに聞いてみた

Menu

HOME

TOP