ヒヴァのクフナ・アルク城塞と見張り台からの感動の世界遺産眺望

ウズベキスタン西部にあるヒヴァの宮殿クフナ・アルク城塞に行ってきました。

1687年に建設されたクフナ・アルクは、後に完成する宮殿、タシュハウリ宮と区別するために「古い宮殿」「古い城」という意味になるそうです。

クフナ・アルク城塞の内部や、その先を進むと行ける見張り台からの景色など紹介して行きますので、是非最後までご覧ください。


クフナ・アルク城塞

クフナ・アルク入口

クフナ・アルク城塞の入口です。

宮殿だっただけあって、重厚感があります。

場内を進んでいくと、、

クフナ・アルク内のアクシェイフ・ボボモスク

美しいタイルを持つアクシェイフ・ボボモスクがあります。

これ、柱が新しくなっているのですが、ヒヴァ・ハン国からロシアに統治が移ってから彼らが柱を持って行ってしまったのだとか。。

クフナ・アルク 博物館

さらに進んでいくと、建物内は博物館になっていました。

クフナ・アルク内には、造幣局も内包されていたそうで、その旧造幣局も見学できます。

造幣局で作られた硬貨や

紙幣も展示されてました。

造幣局の他にも製粉所や武器庫もあったそうです。


クフナ・アルク謁見の間

さらに進むと、ヒヴァ・ハン国の王との謁見の間があります。

右が王様用の扉。

中央が首相の扉。

左がお客様用の扉だそうです。

扉は3つありますが部屋は一つになっており、お客様がきていないときは裁判所になっていたそうです。

裁かれる人は、左の扉に通されると死刑、中央は無罪、右は刑務所行きだったそうです。

クフナ・アルク 謁見の間

謁見の間の右手に、王様用の椅子が設置されています。

ここで謁見や裁判の宣告が行われていたのですね。

クフナ・アルク城塞奥の見張り台

クフナ・アルク 見張り台

クフナ・アルクをさらに進むと見えてくるのが写真中央に見える見張り台となります。

さらに進むと、

こんな入口があり、

狭い階段を上がっていくと、

クフナアルク 見張り台

見張り台の下までいけます。

これぞヒヴァ!これぞイチャン・カラ!!って感じですよね。

肉眼で見るこの景色は、写真では伝えられないほどの感動があります。

思えば遠くまで来たものだなぁと実感(笑

皆様もヒヴァにいく機会があればクフナ・アルク城塞、そしてその見張り台からの眺望を是非楽しんでくださいね!


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブハラにあるアルク城に行ってみた!ブハラ・ハン国の王宮へ
命の灯台?ブハラのカラーンミナレットと圧巻のカラーンモスクへ
いざウズベキスタン観光!ウズベキスタン周遊した各観光地と治安など
2018年2月ウズベキスタンのビザついに免除!某ビザセンターに聞いてみた
ここがヒヴァのジュマモスク!ジュマモスクミナレットも登ってみた
ブハラのウルグベクメドレセとその正面アブドゥールアジスハーンメドレセ
中央アジアで天文学?ウルグベク天文台と併設の博物館で星の夢を見る
サマルカンド観光で絶対おすすめの7箇所!実際に観光してみた感想
ブハラのボロハウズモスクへ!荘厳ながらも観光地化されてないモスク
ウズベキスタンのキジルクム砂漠と少し入国カラカルパクスタン共和国
アイコスはウズベキスタン持ち込み可?ウズベキスタンのタバコ事情!
ウズベキスタンってどんな国?人口や平均寿命に年収や学校教育など
レギスタン広場3つのメドレセとライトアップ&プロジェクションマッピング
黄金の霊廟グーリアミール廟!ティムールやウルグベクが眠る荘厳な霊廟へ
アフラシャブ博物館とアフラシャブの丘へ!ここはサマルカンドの原点

Menu

HOME

TOP