ブハラのイスマイール・サーマーニ廟!中央アジア最古のイスラム建築

ウズベキスタンのシルクロード都市ブハラは、街が世界遺産に登録されています。

それだけあって、見るものを魅了する素晴らしい遺跡とっても多いんです。

2018年4月にウズベキスタンへ観光に訪れました。

今回はその中からブハラのイスマイール・サーマーニ廟に行った際の模様をお届けいたします。

ウズベキスタン観光、ブハラ観光を計画している方々がいらっしゃったら、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。


イスマイール・サーマーニ廟

ウズベキスタンのサマルカンドやブハラ、ヒヴァなどには、歴史を感じさせる大きなモスクやメドレセ(神学校)、霊廟がとても多いのですが、ここイスマイール・サーマーニ廟は写真の通り小さく可愛い印象を受けるかもしれません。

ですが、このイスマイール・サーマーニ廟、9世紀に作られたもので可愛いだけではなく現存するものの中では中央アジアで最古のイスラム教建築だそうなんです。

シャーヒズィンダ廟群

シャーヒズィンダ廟群を歩く!サマルカンド青の幻想世界と人々との交流

写真は、サマルカンドにあるシャーヒズィンダ廟群。

ウズベキスタンの遺跡はこのシャーヒズィンダ廟群のように美しいタイルで覆われた青の印象があると思いますが、イスマイール・サーマーニ廟は白っぽい印象を受けると思います。

これ、中央アジア最古の建造物と言いましたが、日干しレンガ(ムスリムレンガ)のみで作られたから=古い作られ方をしているからなんです。

また、伝説によるとイスマイール・サーマーニが父のために作った霊廟だそうですが、後にサーマーン朝の王族の霊廟になりました。

ちなみに、ガイドさん曰く外側を三回反時計回りに歩くと幸せになるそうで、張り切って歩いておきました!

イスマイール・サーマーニ廟の内部にも勿論入れます。

中央アジア最古のイスラム建築だけあって、イスラム様式のみならずそれ以前にブハラに根付いていたゾロアスター教の模様も取り入れられているんです(ドームの支えの部分です)。

尚、このイスマイール・サーマーニ廟が今もこうして美しい姿を残している理由ですが…、時はチンギスハンの時代、西に向かう彼の大軍はここブハラにも訪れたそうなんです。

チンギスハン自身もブハラを訪れ歴史的な建造物を破壊していったのですが、イスマイール・サーマーニ廟は当時のブハラの人々が土をかけ小高い山のようにカモフラージュしてくれたことで存在自体知られず難を逃れたんです。

大きな建造物でしたら絶対に無理だったでしょうが、小さいからこそ守られたわけですね。

王族の霊廟だけあって、かつては3つのお墓があったそうなのですが、現在は1つにまとめられています。

お墓の下には写真の通り穴が空いているのですが、ブハラの人々は願いを書いた手紙をこの中に入れて願掛けをしていたそうです。

このお墓に現地の人が勝手にお土産をおいて売っています。

え、勝手に商売してていいの?と思ってしまいますが、まぁそう言うものなのでしょう。

ちなみに、イスマイール・サーマーニ廟の周りにも「これ買って」「あれ買って」と押し売りのような人たちが何人かいましたが、ウズベキスタン自体海外観光客がまだまだ少ないため(現地ガイドさん曰く年間200万人)ノーサンキューと言っていればビックリするくらい大人しく引き下がってくれます。

是非みなさんもブハラに訪れた際はイスマイール・サーマーニ廟に訪れてみてくださいね!


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブハラのボロハウズモスクへ!荘厳ながらも観光地化されてないモスク
レギスタン広場3つのメドレセとライトアップ&プロジェクションマッピング
ウズベキスタンのキジルクム砂漠と少し入国カラカルパクスタン共和国
au世界データ定額を未知の国ウズベキスタン使用!現地Wi-Fi事情は?
いざウズベキスタン観光!ウズベキスタン周遊した各観光地と治安など
えっ?入れるの?ブハラ現役神学校ミルアラブメドレセに入ってみた
ビビハニムモスクとシャブバザールへ!そしてウズベキスタンの治安について
ブハラにあるアルク城に行ってみた!ブハラ・ハン国の王宮へ
ここがヒヴァのジュマモスク!ジュマモスクミナレットも登ってみた
2018年2月ウズベキスタンのビザついに免除!某ビザセンターに聞いてみた
ブハラの中心ラビハウズとその周辺観光!旧ユダヤ人街で小学校も訪問
シャーヒズィンダ廟群を歩く!サマルカンド青の幻想世界と人々との交流
ヒヴァのクフナ・アルク城塞と見張り台からの感動の世界遺産眺望
ブハラのマゴキアッタリモスクへ!地中に埋められていたその理由は?
世界遺産ヒヴァで一番美しいタイルを持つパフラヴァン・マフムド廟へ

Menu

HOME

TOP