チェコ喫煙事情!アイコスやプルームテック等の電子タバコ持ち込みOK?

プラハ

中欧に位置するチェコ共和国。

戦争被害が他のヨーロッパの国々と比べると少なく、中世ヨーロッパの様子が今に残る稀有な国となっています。

「百塔の街」とも呼ばれるチェコの首都プラハや、メルヘンな街並みが魅力的なチェスキークルムロフなどが観光に人気の国になるんです。

海外旅行好きの人は一度は行ってみたい!と思うことでしょうチェコですが、喫煙者の方は「チェコって街中でタバコ吸えるの?」「アイコスなどの電子タバコは持ち込み大丈夫?」と心配してしまう人もいるかもですね。

今回は、チェコの喫煙事情について紹介したいと思います。

尚、情報は2019年10月時点のものになります。

急な変化はそんなに多くないと思いますが、必要に応じて最新の情報は他でも探してみてくださいね。

チェコの喫煙事情

プラハ街並み

チェコの喫煙事情ですが、他のヨーロッパ諸国と同じく基本的に屋内は禁煙・屋外は喫煙可能となっています。

ただ、ハンガリーやオーストリアと言った他の中欧諸国の場合、屋外で喫煙所(吸い殻入れが一緒になっている公共のゴミ箱)が数多くあったのですが、チェコの場合はとても少なかったです。

夜のプラハ

結果どうなるかというと、とても綺麗な街並みなのに吸い殻が至る所に散乱…。

私自身、チェコはチェスキークルムロフとプラハを観光しましたが、観光客や人口の多さからか、プラハの方がタバコの吸い殻が散乱していた感じでした。

アイコスやプルームテックは大丈夫?チェコの電子タバコ持ち込みについて

プラハ アイコス

上記はプラハの中で見つけたアイコスの広告です。

トラムの乗り場の広告になります。

ということで、チェコ国内ではアイコスの広告が出回るくらいなので、電子タバコは問題なく持ち込み&喫煙可能です。

海外電子タバコ事情!あの国はアイコス・プルームテック持ち込み禁止?

上記でも触れている通り、世の中にはアイコスなどの電子タバコを禁止している国もありますが、チェコは大丈夫です。

現に私もチェコでVIPEやアイコスを吸っている人を何人も見ました。

電子タバコユーザーの方は、安心してチェコ観光を楽しんできてください。

最後に:格安航空券でお得に中欧観光してきました!

夜のプラハ

ヨーロッパ観光は、航空券だけでも往復10万円はする高価なものになりますよね。

ですが、実は今回私が訪れた中欧4カ国を周遊する旅行では、往復航空券がなんと一人6万円台でした!!

Trip.comトップページ

往復6万円の航空券を見つけたのが、こちらのTirp.comとなります!

あなたもTrip.comで航空券を探してみては如何でしょうか(シーズンや出発日・到着日を1日〜2日変えるだけでも値段が大きく安くなったりしますので、根気強く調べてみてください)!

スカイスキャナー

また、旅行エリアによっては上記のスカイスキャナーの方が安い航空券が見つかるかもしれません。

Trip.comで安いチケットが見つからなかったら、そちらも調べてみてください。